言語を話す感覚について

言語を習得する際に、同一の言葉が2つ以上の場面で使用された時に初めて、感覚的に言葉を把握することができます。例えば、smallは日本語で小さいと訳されますが、littleも小さいと訳されます。この意味の違いは、感覚によって使い分けることができます。

子どもの頃から、なるべく多くの場面で英語に触れると、この感覚の違いが分かるようになります。

https://www.kodomo-online-english.com