子ども向け英語教材②

「英語圏で英語がどのように身につくのか」ということを考えると、自分が話しかけられたり、それに答えたり、ということで、子どもであれば、自然と英語を話せるようになりますが、そういったことと同時に人と人が会話している様子を見たり聞いたりしているうちに自然と場面に応じての英語の使い方を覚えたりもします。

そこで、私がいいと思う英語教材は「おさるのジョージ」のDVDです。おさるのジョージはお猿なので、英語が話せません。それでも、英語で話す人たちと暮らし生活している様子は英語をまだ話せない子どもと重なる部分があります。このDVDは、「英語を完全に理解して見る」ということを目標とするのではなくて、「英語のリズムを音楽のように無意識的に覚えさせること」を目標として見せた方がいいと思います。会話では会話のリズムがあり、ナレーションでは文章を読むときのリズムがあります。

地域によってはNHKで毎週放送されていますので、英語音声で観るだけで、一週間に一度約30分間英語に触れることができます。子どもが幼いうちから、英語音声で観るようにすると抵抗なく観ることができます。

https://www.kodomo-online-english.com