多方面からのアプローチ

日本では、生活の中で英語を使う機会はほとんどありません。少しでも英語圏の子どもたちの状況に近づかせるため、私が考えた方法は、多方面からアプローチすることです。

例えば、子供向け英語のCDをかけたり、おもちゃ感覚で使える英語教材を置いてみたり、たまには英語のDVDを見せたり、簡単な英文で話してみたり・・・

一つの教材を決まった時間にさせると、多くの子どもは飽きてしまって、モチベーションが続きません。その為、いろんな安価な教材を気まぐれに使ってみることをすると、子どもは刺激を受け、興味を持って集中してくれます。

いろんな教材をたまに聞いて、たまに遊んで、たまに見て、たまに話す、ということを毎日毎日、生活の中に取り入れると、自然と英語脳ができてきます。





https://www.kodomo-online-english.com